2人の医者

性病検査で病気チェック|匿名で受けられるマル秘情報

検査を受ける

病院

HIV検査を受けることで感染に気付くことができます。また、HIV検査を受けることでウイルスが増えるのを抑えることができ、エイズ感染に発症する期間を伸ばすことができるのです。治療で完全に治すことができないため、病気が完治することはありません。ですが、治療を受けていれば症状を遅らせることができ、生活に支障をきたすことはありません。また、いつもと同じように食事や仕事、運動などができます。食事を摂る際には、生ものを避ける必要があります。生ものはウイルスが繁殖してしまい、進行してしまう恐れがあるためだといわれています。

他人や大切なパートナーに移らないように、HIV検査を受けることは大切です。ですが、HIV検査が受けられる医療機関に行くのは勇気がいります。「感染していたら死んでしまうのか」、「友人や家族に嫌われてしまうのではないか」と不安になってしまいますよね。不安が溜まっていくと精神的にも疲れてしまいますし、HIV検査を受けるのに躊躇してしまいますよね。HIVに感染していても、必ずしもエイズに感染している訳ではありませんし、いつものように生活も送れます。HIVに感染していても薬などで治療していれば、大切なパートナーや他人に移ることはありません。また、性行為にはしっかりコンドームを使う、定期的にHIV検査を受けるようにして、病気と向き合いましょう。そうすれば、HIVを始めとした性病の知識を学ぶことができます。知識があれば、発症しないように予防することにも繋げられます。